法務部の役割

私達は誰もが失敗をしますが、そういった失敗が、より多くの範囲に影響を及ぼしてしまうことがあります。その失敗に関してより注意深くあったとしても、自分だけではなくその失敗を他の人にも悪影響させてしまうことがあります。会社という単位は、私達1人の力で成り立っているものではありません。それは、様々な部署において全てが連携して行うことによって、成り立っているところと言えます。いわば、小さな歯車の中の、さらに小さな歯車と言えます。

さて、その中で中枢的な役割を担っている部署がありますが、その一つが『法務部』と言えます。その法務部が企業法務を行うことによって、会社全体のコンプライアンスが保たれることになります。コンプライアンスとは、個人という単位よりも大きく、会社という一つの単位が、法律や、それに関連する法令などを、遵守しながら業務を行うことです。法務部があって、企業法務が行われていることによって、それが達成されます。

実際に、法務部は地味な部署とか、裏方のような部署と考えられることがあります。しかし、実際に法務部で仕事ができる人材というのは、非常に優秀な人材であると言えます。逆に言えばそういった人しか就けない職務、とも言えます。

Copyright 法律トラブルを解決する企業法務で大活躍の顧問弁護士 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner